Home »Windows 8» Office and News » PrimoPDF 5.1.0.2のWindows 8 対応バージョン

PrimoPDF 5.1.0.2 日本語版 無料 ダウンロー

PrimoPDF 5.1.0.2 のWindows 8 対応バージョン

primopdf - 7.2MB (無料)

PrimoPDF 5.1.0.2:PrimoPDF(プリモPDF)は、さまざまな WindowsアプリケーションからPDFを作成するフリーソフトウェアです。PrimoPDFを使用することで、Office文書、Webページなどを簡単に高品質なPDFへ変換することが可能です。

スポンサードリンク

PrimoPDF 概要:


印刷可能なあらゆるファイルをPDFにカンタン変換


スポンサードリンク

SpeedUpMyPc

PrimoPDF 機能:

PrimoPDFは、無料でPDFファイルを作成できるバーチャルプリンタです。PDFは、ファイル提供者と受信者とで閲覧する環境が異なっても、ほぼ同じ表示で見ることができる便利なファイルフォーマットです。閲覧するだけなら、Adobeから Acrobat Readerが公開されているので、利用したことがある人も多いでしょう。しかしPDFファイルの作成は有料製品を購入しなければならないと思い込んでいませんか。実はフリーソフトで簡単に実現できるのです 。

PrimoPDFは世界的に利用されている実績あるPDFファイル作成ソフトです。無料ながら、使いやすさ?高い汎用性を備えています。Adobe AcrobatなどではAcrobatのアイコン上にファイルをドラッグすることでPDFに変換しますが、PrimoPDFでは元の文書をPDF形式に「印刷」することで作成します。

PrimoPDFをインストールすると、「PrimoPDF」というプリンターが追加されます。例えば、Microsoft Wordの文書などから印刷メニューを選択すると、「プリンタ名」ボックスから「PrimoPDF」が選択できるようになっています。これを選択して印刷を開始すると、保存先を指定できるウインドウが開くので、好みの場所とファイル名を指定するだけで作成は完了です。ただし、日本語のファイル名には対応していません。

無料PDF作成ソフトの難点として、まれに フォントが変わったり文字化けを起こしたりすることがありますが、PrimoPDFはテキストについては比較的安定した出力が可能です。ただ、音声や動画が添付されたものには弱いので、この場合はAdobe Acrobatなどを試すほうがよいかもしれません。

PrimoPDFは、テキストの変換に強いPDFコンバーターです。無料で使いやすいので、入手しておいて損はないでしょう。


PrimoPDF良い点


  • 無料でPDFファイルを作成できる
  • 印刷メニューから作成できる

PrimoPDF惜しい点
  • 日本語のファイル名に対応していない
  • 音声や動画が添付されたファイルの変換に弱い
  • 一度インストールすれば、PDF離れてAdobe Acrobat Readerがからすべてを引き継ぎます。広告、プロモーション、ポップアップ、ものではないとの砲撃。デフォルトの設定で、PDFの品質はかなり悪く、作成されたPDFファイルが大きすぎる。
  • 以前のバージョンでは、罰金であったが、最近では、ぼやけた画像を生成

PrimoPDF必要動作環境:


  • Free space: 30MB以上の空き容量(変換するファイルサイズおよびファイル形式により、追加のハードディスク容量が必要になる場合があります) .
  • .NET Framework 2.0.

PrimoPDF 5.1.0.2編者:近藤香り

PrimoPDF 5.1.0.2編者近藤香り評価:


備考:PrimoPDF Windows 7 対応バージョン無料 ダウンロー,PrimoPDF他のバージョン 無料 ダウンロー

Bookmark PrimoPDF:

PrimoPDF 5.1.0.2 人気のソフト-ホームページ-詳細ダウンロード-日本のダウンロード-Windows 7向けのソフト-PrimoPDF 5.1.0.2 Deutsch
Copyright Softyp.com © 2014 - All rights reserved