Home »Windows 8» CD and DVD Tools » CDex 1.78のWindows 8 対応バージョン

CDex 1.78 日本語版 無料 ダウンロー

CDex 1.78 のWindows 8 対応バージョン

CDex - ()

CDex 1.78:

スポンサードリンク

CDex 概要:

音楽CDを直接MP3、WMA、AAC、OGGなどに変換可能な無料リッピングソフト タグ情報の管理も可能


スポンサードリンク

SpeedUpMyPc

CDex(シーディーイーエックス)はCDから音源ファイルをトラック(楽曲)ごとに、WAV、MP3、WMA、AAC、OGG、FLACなどの形式に変換して保存できる便利なCDリッピングツールです。CDからPCにデータを移す際にそのままファイル形式を変換できることが利点です。また複数の楽曲を一つに結合する機能や、音楽データベースのCDDBからCDの楽曲名やアーティスト名、アルバム名などの情報を自動で受信して関連付けできますので、音楽を自由に楽しみたいという人におすすめの無料ソフトです。

CDexは非常に使いやすいCDリッピングソフトです。Lame MP3エンコーダーなど8つのエンコーダーを内蔵しており、CDから読み込んだ楽曲ファイルをそのままMP3やWMA、AAC、OGG、FLACなどの形式に変換して保存できることが特徴です。まずCDをPCのドライブに挿入しCDexを起動させるとすぐにCDのトラックが画面に表示されます。初期設定では英語になっていますが「Option」から「Select Language」を選択し「日本語」を選ぶと日本語表示になります。楽曲のタグ情報を加えるにはメニューバーの「CDDB」を選択し「リモートCDDBから読み込み」で、自動で楽曲やアルバムの候補が示されますので正しいものを選択するとすぐに楽曲情報が記録されます。WAVファイルでそのままCD楽曲情報を残す場合は変換したい楽曲を選び、「変換」から「CDトラックをWAVに」をクリックするとすぐにPCハードディスクに楽曲が保存されます。

ファイル形式を変換して保存する場合は「オプション」から「設定」を選び利用するエンコーダーを選択します。変換できるファイル形式名がエンコーダーの名前に入っていますので、特に迷わず選べることでしょう。楽曲選択後に「変換」から「CDをMPEGに」を選択すると自動で圧縮変換しハードディスクに保存されます。

CDexは非常に便利なCDリッピングツールですが、リッピングとともに楽曲の管理を行いたい場合はiTunesやWindows Media PlayerCDCheckなどを利用するといいでしょう。なおCDリッピングは私的利用の範囲を超えるもの、およびコピープロテクトのかかったもの、に関して行うと違法とみなされることがありますので注意が必要です。

CDexは、音楽CDから直接MP3などに変換して記録できる便利な無料CDリッピングツールです。


CDex良い点
  • 便利なCDリッピングツール
  • 音楽CDから直接MP3やWMA、AAC、FLACなどに変換して保存できる
  • 複数の楽曲を結合して保存できる
  • CDDBから音楽情報を取得しタグ付けできる

惜しい点
  • 音楽管理機能がない

CDex 1.70編者:近藤香り
備考:CDex Windows 7 対応バージョン無料 ダウンロー,CDex他のバージョン 無料 ダウンロー

Bookmark CDex:

CDex 1.78 人気のソフト-ホームページ-詳細ダウンロード-日本のダウンロード-Windows 7向けのソフト-CDex 1.78 Deutsch
Copyright Softyp.com © 2014 - All rights reserved